2008年12月15日

自動売買で利用している証券会社について

自動売買システムで利用している証券会社は、クリック証券です。

クリック証券は、WebサービスのAPIを公開しており、売り・買いの発注や決済注文、建て玉の確認、余力の確認などが素早くプログラムから実行できます。

他の証券会社でもWebブラウザ経由で発注・決済を自動化(プログラム化)できるのですが、Webブラウザを経由する分、約定するまでに時間がかかってしまいます。

ですので、自動売買の証券会社として、クリック証券を使っています。
また、手数料もラージ1枚350円、ミニ1枚48円と業界最安なところもグーです。

ただし、クリック証券では、ティックデータのリアルな情報取得に制限があるため、分足作成のため、楽天証券を利用しています。

楽天証券のマーケットスピードにリアルタイム・スプレッド・シート(RSS)という機能があり、これを利用すると株価、出来高などの情報をリアルタイムに取得できます。

自作のトレードシステムは、分足作成のための楽天証券と自動売買のためのクリック証券と2つの証券会社を利用しています。


決して、クリック証券や楽天証券の回し者ではないですが、自作でトレードシステムを作ろうとすると、この組み合わせがベストになってしますのです。
posted by 225perfect at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売買システムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

お問い合わせ

*は必須項目です

*名前

*メールアドレス

*お問い合わせ件名

*お問い合わせ内容を記述ください

Powered by FormMailer.

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。